俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6 (GA文庫)

3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
著者 :
けんのさん GA文庫   読み終わった 

今回は意外にヒメな回。

エイタと真涼がフェイクであることを知ってしまったヒメが暴走しつつも、自演乙という場所を守るべく自らが導き出した結果だったり。
ヒメの成長が著しく見られるね。

最後はフェイクカップルのある意味鍵だった黒歴史ノートがエイタの元へ戻り、フェイク解消のメールが・・・。
崩壊への序曲といった感じでクライマックッス感が出てるねー

レビュー投稿日
2013年4月6日
読了日
2013年3月24日
本棚登録日
2013年3月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6 (G...』のレビューをもっとみる

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6 (GA文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6 (GA文庫)』にけんのさんがつけたタグ

ツイートする