読書状況 読み終わった [2018年12月15日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2018年12月15日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2016年12月16日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2015年12月14日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2015年2月16日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年10月5日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年2月6日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年2月3日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年2月2日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年2月2日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年1月29日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年1月26日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年1月24日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年1月20日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年1月19日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年1月18日]
カテゴリ コミックス
読書状況 読み終わった [2014年1月15日]
カテゴリ コミックス

読書状況 読み終わった [2014年1月14日]
カテゴリ コミックス

電子書籍版の読了

双子の結婚式編終了。自由奔放な双子はなぜかほっこりするね。

後半はアミル側へ戻る。
やっぱりいいな。アミル。かわいらしい。

早く続きを読みたいが、全体的に感じられる日本の文化とは異なる中央アジアの文化の空気感もよくてふとした機会に何度も読んでしまう;;

2013年2月16日

読書状況 読み終わった [2013年2月16日]
カテゴリ コミックス

BOOK☆WALKERで電子書籍版の購入。

前半は突然のパリヤさんムコ候補のお話。

二人になるも緊張しちゃって、つい拒絶しちゃうパリヤさん...。
何かあるとアミルのところに来るパリヤさんかわいらしいよね。
その拒絶された方は...なんでもはっきり言うからいい。とパリヤさんの予想と反して好感触。
上手くまとまるといいですなー。

後半はアラル海についたスミスがであった双子ちゃんのお話。
これまでにないコミカルなお話で思わず笑ってしまうくらい面白い。
この双子の夫婦もなんだかんだでうまく行きそうです。

2012年11月25日

読書状況 読み終わった [2012年11月25日]
カテゴリ コミックス

今回はスミスと旅先の市場で知り合ったタラスとのお話。
結果的には実ることはなかったのだけれど...難しいもんです。文化の違いってやつは。

スミスは再び戻るとは言ったがはたしてどうなることやら...。

市場での買い食いのシーンは個々の料理がうまそうで肉料理をガッツリ食べたくなるね。

2012年11月24日

読書状況 読み終わった [2012年11月24日]
カテゴリ コミックス

アミルの実家とのいざこざもひと段落・・・といった感じかな?向こうはまだあきらめきれない感じではあるが。

このいざこざでカルルクとアミルの愛情が一段深まった様子。この二人は素敵な夫婦になるね。


パリヤさん登場。
何かと不器用なこの娘は応援したくなるキャラだね。

2012年11月23日

読書状況 読み終わった [2012年11月23日]
カテゴリ コミックス

話としては昔(たぶん100年くらい前?)の中央アジアのとある民族の結婚を起とした花嫁と花婿の物語。

中央アジア民族のゆったりとした生活を主とした物語なので話の展開の起伏は大きくはないが、生活の空気感がすばらしい。
さらに特筆すべき点は民族衣装、刺繍、彫刻といったものの書き込みがすさまじく1コマ1コマがとても絵になる。

キャラといてはカルルクの嫁になったアミルさんが普段毅然としつつも、カルルクが風邪をひいたときはオロオロしたりする一面もあってかわいらしい。

2012年11月22日

読書状況 読み終わった [2012年11月22日]
カテゴリ コミックス
ツイートする