失踪中の「白のハルシフォム」の後釜に「紫のタリム」と「青のデイミア」との権力争いにまきこまれるリナとガウリイのお話。

話のグレードとしては1巻よりだいぶ落ちてるのが残念といえば残念。
ただ魔術師の色の命名とか、魔族がどれだけ恐れられてるか・・とかスレイヤーズの世界のバックボーンが多少なりとも理解できるんじゃないかなーと。
・・・でもやっぱり物足りない。

2012年12月23日

読書状況 読み終わった [2012年12月23日]

新装版になる前・・・もう十数年前になるが、既読ではあるけれど電子書籍版を再読。

表現が多少古臭いな・・と感じる部分がありつつもキャラクターやストーリーの面白さは色あせる事なく今でも楽しめた。

2012年12月23日

読書状況 読み終わった [2012年12月23日]
ツイートする