宮崎アニメの暗号 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社 (2004年8月1日発売)
3.15
  • (21)
  • (29)
  • (118)
  • (22)
  • (10)
本棚登録 : 511
感想 : 75
3

宮崎アニメの作品に歴史的、神話的な内容をリンクさせて書いているこの作品。
確かに読んでいて内容に感心する場面が多々あります。

また、宮崎さんに宮沢賢治や司馬遼太郎が思想的に作品に影響を与えているのかということが分かり、ただただ感心するばかりです。
作品としては「もののけ姫」を中心に「ルパン3世カリオストロの城」、「となりのトトロ」、「風の谷のナウシカ」などを分析しています。

宮崎さんは今の自然の大切さを訴えるだけではなくて、文明の発達によって
何年もかけて失われつつある自然との調和を今一度呼びかけているようでもある。

僕がこの本で一番心に残ったキーワードは「対象性ー非対称性」。
カミと人・人と動物・動物とカミ、この3者の関係が大きく変わったということ。
ヒトは動物であり、また動物をカミと見立てたり重なり合わせたりしていた関係から
3者は平等であったのに対し、科学や産業の発達により平等な関係が崩れ自然や動物に対して一方的な関係になっている。
そのことを憂いてのメッセージ性もあるようだ。

ただ必ずしも僕は宮崎さんが科学や産業など文明の発達を全否定しているとは考えられない。のちに出てくる「ハウルー」などでも機械はやはり存在するが絶対的悪として描かれていないと感じたからである。

これはひとつの見方を示しているが、あくまでも著者による宮崎駿の発言から推論する想像であると感じました。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2008年1月18日
本棚登録日 : 2008年1月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする