とりかえばや物語 (ちくま文庫)

3.30
  • (5)
  • (8)
  • (31)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 142
レビュー : 16
著者 :
keyさん そのほか小説   読み終わった 

男女取替えの物語。
平安時代にも、この「ネタ」はあったのかと思うと驚き。

本当は姫君なのに男の格好をして出仕したり、
本当は男君なのに姫君の格好をして出仕する。
最後には双方あるべき姿にもどってめでたしめでたし、のお話です。

一夫多妻制のこの時代、いろいろなところに女の人をつくるのは
男として当たり前。
そんな男の人を思って、夜な夜な涙を流している女性たちのことを思うと、
あはれと思いますよ。


女として出仕していた男君。
そこで男としての自分に目覚めて
つかえていた女東宮に手を出し妊娠させたのに、
「そんなでもないんだよね」とあっさり他の女を正妻として迎えてしまう男君。
ひどすぎる。

中学生のときに、氷室冴子さんが書いた「新釈 とりかえばや物語」を読みました。
元ネタのとの違いを知りたくて本書を読んだのでした。

レビュー投稿日
2014年1月13日
読了日
2014年1月13日
本棚登録日
2014年1月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とりかえばや物語 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『とりかえばや物語 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『とりかえばや物語 (ちくま文庫)』にkeyさんがつけたタグ

ツイートする