寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))

3.81
  • (340)
  • (423)
  • (441)
  • (50)
  • (13)
本棚登録 : 4033
レビュー : 420
著者 :
kiamekuさん 哲学   読み終わった 

内田さんの本・ブログではここで取り上げられた5人が繰り返し登場します。普段の出来事へそれぞれの思想家をうまく導入しています。学生の時にポストモダンはよく読んだけれど難解でつらくなる経験をした覚えがある自分にとっては、うそのようにこちらへ入り、外へ導入できそうな気にさせてくれて、大変ありがたいと常々思ってます。まえがきに「話を複雑にする」ことによって、「話を早く進める」・・「複雑な話」の「複雑さ」を温存しつつ、かつ見晴らしのよい思想史的展望をしめす、とあるように「簡単」な話におとさず、「時間・死・性・共同体・貨幣・記号・欲望・交換とは何か」という根源的問いを分かりやすく「パス」してくれてるようです。本書では構造主義の前史としてニーチェ・マルクス・フロイトの話が冒頭におかれ、つながりのあるどんな「パス」をしたかも垣間見れます。すぐ読んでしまえます。より細述された「現代思想のパフォーマンス」を読みはじめています。

レビュー投稿日
2011年11月15日
読了日
2011年11月12日
本棚登録日
2011年10月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))』のレビューをもっとみる

『寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))』にkiamekuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする