手紙 (文春文庫)

3.84
  • (3245)
  • (3993)
  • (4112)
  • (394)
  • (72)
本棚登録 : 29697
レビュー : 2863
著者 :
kickarmさん  未設定  読み終わった 

一気に読みました。
犯罪を犯した加害者の家族の話。

 日々、多くの殺人事件が起きる現実社会において、自分は関係ないと思い暮らしています。でもその事件の数だけ、被害者が居て加害者がいる。同じくその家族も。

 マスコミ的に事件の内容や動機、推理をすることは可能ですが、当事者の家族を題材に書かれることはあまりない。

 刑務所に入り、閉鎖された空間で過ごす加害者よりも、社会の中でむき出しにされ、虐げられながらも生きなければならない加害者の家族の苦悩を描いています。

家族に罪は無いと思いながらも、関わりたくないと言う感情も良く分かる。

普段の趣とは大きく視点を変えた、静かな苦悩の物語でした。
「さまよう刃」の対極にあるかと思いましたが、そう単純ではないですね。

レビュー投稿日
2012年11月17日
読了日
2012年11月16日
本棚登録日
2012年10月23日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『手紙 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『手紙 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『手紙 (文春文庫)』にkickarmさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする