武士道エイティーン (文春文庫)

4.15
  • (346)
  • (453)
  • (165)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 2537
レビュー : 320
著者 :
kickarmさん  未設定  読み終わった 

予想外に面白かった「武士道シックスティーン」の続編。の続編。
名前もそのまんま「武士道エイティーン」です。

いよいよ高3です。最後の大会!ここの部分は、一切触れないでおきます。磯山vs甲本、磯山vs黒岩。両戦いに決着が着きます。3巻の中で最もアレです。

 そして、これまでのエピソードを補完するように、緑子、桐谷先生、吉野先生。この3人の視点で回想録が入っています。ちょっと驚くような話しです。
小説を書くうえで、ここまでプロットしてからメインのストーリーを描くのでしょうか?苦しくてページ稼ぎか?と思った自分が恥ずかしいほど、この3人の話も面白いです。

本題とは離れますが、文庫本の解説がやたら面白い。「そうそう!」と合いの手をいれたいほど。そしたら、解説書いてるの有川さんでした。納得。さすがです。油断ならない。

3巻完結とは成っていないらしい。
とりあえず、「武士道22」社会人になる時の希望と葛藤を交えて描いてもらいたいです。

レビュー投稿日
2013年12月29日
読了日
2013年12月28日
本棚登録日
2013年12月29日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『武士道エイティーン (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『武士道エイティーン (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『武士道エイティーン (文春文庫)』にkickarmさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする