わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集)

4.10
  • (9)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 12
著者 :
制作 : 佐々木 マキ 
tokota5さん  未設定  積読 

地球人全体の中で、日本人にとっては、外人のほうが多い。日本人は、外人に、とりかこまれて、この世界で暮らしているのに日本人本位に、考えるのでは、わたしたちは地球上に住みにくくなります。ー本文より

今の世界の不安情勢の最中、排他的な思想が渦巻いている中、鶴見さんの言葉は、ずしりと心に響く。排他しても何も解決しない。
平和とは互いを認め理解することなんだろう。

壮絶な少年時代を送り、戦争、空襲でいつ死ぬかわからないときでさえ、アメリカを憎むことはできなかったと言う著者。

何度も読みたい本。

レビュー投稿日
2016年1月22日
本棚登録日
2015年12月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『わたしが外人だったころ (たくさんのふし...』のレビューをもっとみる

『わたしが外人だったころ (たくさんのふしぎ傑作集)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする