大菩薩峠〈1〉 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.79
  • (10)
  • (12)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 18
4

ついに読みだした、世界最長の大河小説。もともとはジブリの鈴木プロデューサーの本に、彼のおもしろかった作品として紹介されていて興味を持ったんですが、最近よく行く青梅近辺が舞台になっていることもあって楽しく読めました。なんか主人公が主人公らしくないというか、変わってますね。これからどんな風に物語が進んでいくのか、楽しみです。そして僕に読み切れるかどうかも。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学作品
感想投稿日 : 2012年8月24日
読了日 : 2012年8月24日
本棚登録日 : 2012年8月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする