大菩薩峠〈2〉 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.71
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 5
3

続いて2巻。っといきなり目が。。剣士の話なのに、それでいいの?っていう展開に俄然興味を注がれました。文章は読みやすくて、登場人物それぞれに特徴がある分覚えやすくて、たくさんの人に読まれてきたのがよくわかりますね。そして青梅から伊勢の方へ、そして東海道へ、次々に話の舞台が変わっていくことでもなんだか日本中を旅行してるような気分にもなったりします。
長いことを活かした書き方というか、こんな小説もあったんだって思いました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学作品
感想投稿日 : 2012年8月24日
読了日 : 2012年8月24日
本棚登録日 : 2012年8月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする