大菩薩峠〈5〉 (ちくま文庫)

著者 :
  • 筑摩書房
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 2
4

舞台は甲府から江戸に戻る。読みながら、「ペンは剣よりも強し」というか、僕はこの著者が本当は声を大にして言いたい(そして庶民はみんな共感してくれるだろう)ことを、物語の場面として描いているなと思いました。それがこの作品が多くの人たちに支持された理由なんだろう、と。偉大な人だ、と思って、中里介山のお墓が羽村にあることを知って、墓参りに行ったのもこの頃でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学作品
感想投稿日 : 2012年8月25日
読了日 : 2012年8月25日
本棚登録日 : 2012年8月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする