誰もが「あっ」と思いあたる間違いことばの本 (講談社+アルファ文庫 B 13-3)

  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
4

「汚名挽回」や「的を得る」などの、一見すると間違いが見当たらないようなことばが、どうしておかしいのかを淡々と説明してくれている本。
筆者の、「これでは美しい日本語とはいえません」だとか「機転の利いた言い回しを考えたいものです」といった言い回しが、淡々とした文面の中でも、きらりと熱いものを放っていて、くすりとしてしまいます。
知ってるよ!ってな間違いから、これ間違いなの?ってな間違いまで、母国語だからとなめてかかっていると足元をすくわれます。あなどりがたし、日本語。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 和書(か行)
感想投稿日 : 2011年2月1日
読了日 : 2011年2月1日
本棚登録日 : 2011年2月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする