《新装版》夢幻外伝I (ソノラマコミック文庫)

3.92
  • (39)
  • (14)
  • (47)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 22
著者 :
三条司さん 漫画(た行)   読み終わった 

先日、冒険活劇版の方のレビューを書いた際に、「マミヤくんは若かった頃、こんなだったのね」というようなことを書いたのですが、違うのですね!パラレルワールドだったとは!

少年マミヤくんをショタマミヤ、青年マミヤくんをシリアスマミヤと呼ぶそうです(笑)。そして私は、断然シリアスマミヤくん派。

ひとつめに収録されている「死者の宴」からして、もう。怪しく美しいマミヤ青年が、たばこを加えながら眉をひそめるなんて。ぞくぞくします。普段はホラーなんて読まないのに、夢幻紳士だけは特別なのよね、だって絵が芸術的で、ただのスプラッタじゃないもの。などとほざいていたら、「冥王星」のピエロに心底震えあがりました。あれは、怖い。まんまと夢に出てきました。

短編なので、話の展開がスピーディーなのと、一話一話の完成度が素晴らしい。何度読んでも楽しめます。つかみどろこのないミステリアスなマミヤ青年ですが、決してちゃらんぽらんではなくて、「言霊」で息を上らせながら犯人(という名称で良いのか)を追ったり、帽子の中の少女とゲームに興じたり。そんな一面が、彼をさらに魅力的にさせるのだから、ホラーとは違った意味で心臓に悪いです。

手に入れられて、本当に満足。

レビュー投稿日
2015年9月30日
読了日
2015年9月30日
本棚登録日
2015年9月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『《新装版》夢幻外伝I (ソノラマコミック...』のレビューをもっとみる

『《新装版》夢幻外伝I (ソノラマコミック文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする