F―落第生 (角川文庫)

3.29
  • (19)
  • (34)
  • (140)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 387
レビュー : 37
著者 :
山谷橋しおりさん  未設定  未設定

鷺沢萠の本の中で一番好きな本。この本は短編集なんだけど、「シコちゃんの夏休み」がいい。これを初めて読んだとき、シコちゃんに強く強く憧れた。
悲しいこととか何か大変なことを人に話して聞かせて「すごいね」って言わせることが、恥ずかしいことだって思うようになったのはこれを読んでからだと思う。
あとがきに鷺沢自身の言葉で「F」(落第生)でもいいって書いてあってね、それがわたしには御守りとか呪文のように、今でも響いている。
鷺沢萠どうして死んじゃったのかなあ。どうして死ななきゃいけなかったんだろう。ときどきその理由がわかるような気がして、でもときどき、本当にわからないって思う。

レビュー投稿日
2006年1月23日
本棚登録日
2006年1月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『F―落第生 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『F―落第生 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする