コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ

4.15
  • (5)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 10
著者 :
kikusaka-jessicaさん 日本小説   読み終わった 

中短篇によって編まれているのが、この『コレクション 戦争と文学』のひとつの特徴である。
本巻『ヒロシマ・ナガサキ』は、原民喜「夏の花」くらいしか読んだことのある作品がなかった。

全て読んでみたところ、小説として良くできているとは言い難いものもあったが、それは題材の重さに起因するのだろう。
あまりにも「伝えたい」「書き残したい」という想いが全面に出すぎてしまっているものが多かったように思う。

戦争文学や、ヒロシマ・ナガサキを扱うときの難しさがここにある。
筆を執り始めた動機自体には極めて痛切なものがあるにせよ、表現形式として(たとえばルポルタージュではなく)小説を選ぶのであれば、まず小説として成功しなくてはいけないだろう。
でなければ、いかなる想いで書かれようとも、後の世には残らない。

「夏の花」が際立って優れているのは、あの作品が描いていることや、原の想いはもちろんだが、なによりそれらが小説という形式のもとで結実し、成功しているからである。

レビュー投稿日
2012年7月14日
読了日
2012年7月9日
本棚登録日
2012年6月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ...』のレビューをもっとみる

『コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ』にkikusaka-jessicaさんがつけたタグ

ツイートする