イノセント (Hayakawa Novels)

3.50
  • (0)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
制作 : Ian McEwan  宮脇 孝雄 
kikyoさん サスペンス/スリラー   読み終わった 

スパイ小説というよりも恋愛を主軸にしたサスペンスで、筆致はいかにも文学的。冷戦下ベルリンで東側基地の盗聴を目論み、西側からトンネルを掘り進めるという英米情報部の無謀な作戦を背景とする。物語に大きな起伏は無いのだが、若い技術者が一定期間体験する濃密な情景を、独特なレトリックを用いて描き、一種異様な緊張感に満ちている。本作で「話題」となった死体解体シーンよりも、その直後に主人公が陥る悪夢の如き時間の流れを追った重苦しい心理描写が記憶に残る。

レビュー投稿日
2018年5月23日
読了日
2018年5月23日
本棚登録日
2018年5月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イノセント (Hayakawa Nove...』のレビューをもっとみる

『イノセント (Hayakawa Novels)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする