ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

3.47
  • (28)
  • (94)
  • (93)
  • (21)
  • (7)
本棚登録 : 684
レビュー : 108
著者 :
キミドリさん 本・雑誌   読み終わった 

「スペース金融道」の作者で割と最近ちょこちょこ聞くので、借りてみた。
 DX9というアンドロイドを軸にすすめられる短篇。
 
 2篇目の「ジャララバードの兵士たち」がよかった。
 流浪の日本人、ルイ(本名・隆一)とアメリカの軍人ザガリーの道中。
 殺されたかつてのルイの同級生、ナオミをめぐって展開する軍の暗部。
 
 DX9は単なるアンドロイド、ではなく本来は金持ち用の歌う楽器として流通したが、武器として改造されたり、人格の転写をしたりと多機能。

 余談だが、初音ミクが三次元化するとこうなるんかなーと思ったりした。

レビュー投稿日
2018年12月22日
読了日
2014年12月26日
本棚登録日
2018年12月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSF...』のレビューをもっとみる

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』にキミドリさんがつけたタグ

ツイートする