ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

3.64
  • (757)
  • (796)
  • (1756)
  • (81)
  • (19)
本棚登録 : 6300
レビュー : 936
著者 :
キミドリさん 本・雑誌   読み終わった 

?インターネット
?チープ革命
?オープンソース

 この3つにより、不特定多数の人と繋がり、そのコストがほぼ0となる。
 そして以下の3つが可能となる。

・神の視点からの世界
・net上の分身が金を稼いでくれる新しい経済圏
・無価値なはずの価値の集積

 ネットの中をフロンティアとみて、開拓する。

google
 すべての情報を整理しつくす。
 世界中に偏在する、webがある「知」についてどう評価するのか?→インターネットによる「民主主義」

 価値を(生み出すウェブのシステムを)あちら側ですべて構築し、ひとたび動き出すとまったく人力に頼らなくても済むようにする。

 googleでは仕事の20%をかならず「創造的なこと」に使わないといけない。

<ロングテール>
 (オンライン書店の)Amazonでは売り上げの1/3が「ロングテール(一般的には人気でないニッチな「負け犬」商品)」であるといわれている。

<ブログと総表現社会>
 面白さ「量」→「質」
 ブログを読む時に感じる「ふーん、そうだよねー」という空気が、常識的な連帯を生み出す

<オープンソース>
「知的の種の話がnet上に無償公開されると、自発的に結び付き、リーダーがいなくても、問題が次々と解決される」→複雑な問題も解決できる
exリナックス、ウィキペディア(ボランティア的な参加)

レビュー投稿日
2018年12月22日
読了日
2013年4月17日
本棚登録日
2018年12月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始ま...』のレビューをもっとみる

『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)』にキミドリさんがつけたタグ

ツイートする