菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

3.23
  • (8)
  • (38)
  • (93)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 397
レビュー : 61
著者 :
キミドリさん それ以外の医学   未設定

  お菓子嫌いの百貨店バイヤーの男性が、恋心を寄せるパティシエールのために色々奮闘する、すれ違いの恋路の話。切なくてよかったんだけど、主人公の男性がお菓子嫌いになった原因としてウェルシュ菌の中毒の話をもってきて、ものすごく生き生きと描写してくれるあたり、上田センセイって本当にきのことか、中毒とかそういう話が心底好きなんだろうな、ってしみじみ思った。

先生:いや、この辺りをもうちょっと深く掘り下げたいんですよ!ウェルシュ菌とかが候補で…、サルモネラとかだとちょっと根拠が弱いように見えるけど生卵の中毒とか…、いや探せばもっと説得力のある中毒が…

編集:いや!先生!これ、一応恋愛ものですから!菌に関するエピソードの分量はこれで十分ですから!!!

 みたいな妄想が膨らんだ。
(注:↑本文には何ら関係がありません)

レビュー投稿日
2019年7月16日
本棚登録日
2019年7月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ...』のレビューをもっとみる

『菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする