マンガで教養 はじめての着物 (マンガで教養シリーズ)

  • 朝日新聞出版 (2020年10月7日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 2

漫画で、書かれているので、絵をみながら、理解できるところが良いし、また、着付けの仕方を写真入りで、掲載されている所が、読み易い。

着物は、簡単に手が入るようになった。
リサイクル品も、多々、そして豊富である。
しかし、和服下着が、難しい。
着物への影響は、これには、掲載されていない。

群ようこ氏は、着物好きで、下着も、相当凝っていると、本で知ったが、・・・・

最初のリサイクルショップで、着物と帯だけの購入で、着物が着れると、、、、安易に思って欲しくない。

何でも、小物品が、必要である。

我が母なんて、足袋迄、お誂えをしていた。
着物は、反物を選んで、八掛や胴裏の色を選ぶのが、好きであった。

そんなリサイクルではないが、昔の人の体型と今の若い人の体型が違う。
袖も短いし、着丈も短い。

それを着こなすには・・・・どうすれば良いのか?
池波志乃氏は、昔、大事な母の着物(着丈も袖丈も短い)なのに、何と綺麗に、着こなしているのか?とテレビで、拝見した。

でも、その後、トラック何台分も 断捨離をしたそうで、きっと、着物なども処分をだいぶした事でしょう。

着物の文化が無くなって欲しくないのでこのようなわかり易い本を 若い人達が、購入してみて欲しいものだと、思う。

私も、そろそろ処分をと、思いながら、古くて着れない物をほどいて、手芸に使用している。
今夏は、子供(幼児)の浴衣と甚兵衛を縫ったのだが・・・・現代の子供は、着物に対してどう思っているのだろう?と、思いながら、この本を閉じた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年10月22日
読了日 : 2020年10月22日
本棚登録日 : 2020年10月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする