書店であった泣ける話 ~1冊1冊に込められた愛~ (ファン文庫Tears)

  • マイナビ出版 (2020年6月10日発売)
3.40
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 75
感想 : 6

「~であった泣ける話」
今回は、「書店」が、テーマであり、12編の短編集。
今、デジタル化で、電子書籍で、子供達は、キンドルで、・・・

しかし、私は、アナログ派で、紙の本が好きである。
表紙に「感動して泣ける・・・」と、書かれている。

わが家の近くの小さな書店は、だいぶ前に閉店してしまった。
この本の中でも、閉店になってしまう内容のものが目を引く。
大きな書店でさえも 本離れと少子化で、存続が大変のようだ。
12話すべて読んだのだが、泣ける話は、殆ど無かった。

私は もう、年を重ねて、ノンフィクションは勿論、テレビのドラマでさえ 涙するのに・・・
残念。

只、最後の「手紙」は、だいぶ前に、母親が、ガンに冒されて、幼き娘ヘビデオレターを残す・・・という実話をテレビで拝見したことがあるのに似ている。

幼き娘のお誕生日に、手紙を部屋の色んな所に隠して、宝探しのように、プレゼントを見つけるとこから、毎年のお誕生日にビデオで、娘の成長を祝う言葉を残して、20歳迄続いたと・・・・記憶する。
これは、とても感動し、こんなにも母親に愛された子供
とそしてその母親の何と、素晴らしい贈り物を考えたのだろうという偉大さ。
そして、それを毎年 ビデオを見せた父親にも、なにか、感謝したい気になった実話であった。

この本では、そんな「泣ける」ほどの事がなく、只「心に響く話」だけの感がした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年5月11日
読了日 : 2021年5月11日
本棚登録日 : 2021年5月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする