ハゲタカ(上) (講談社文庫)

4.06
  • (602)
  • (607)
  • (442)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 3673
レビュー : 434
著者 :
けんさん 日本文学   読み終わった 

経営の弱体化した企業を二束三文で買い叩き、その企業を再生させることで莫大な金を生み出す外資系ファンド。
銀行・大蔵省・旧経営陣・競合他社との攻防がスリリングに描かれる。

つまらないミステリーを読むよりよっぽど迫力がある。
新聞記者出身のこの著者、人間もちゃんと描いているし、それぞれのキャラクターが魅力的です。
そのそれぞれが栄光と幸せを掴み取って欲しいと願いながら、
その願いが叶うはずもなく、下巻に突入。

レビュー投稿日
2013年3月12日
読了日
2008年9月15日
本棚登録日
2008年10月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ハゲタカ(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ハゲタカ(上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする