アフターダーク (講談社文庫)

3.15
  • (393)
  • (983)
  • (2746)
  • (640)
  • (182)
本棚登録 : 12356
レビュー : 1079
著者 :
けんさん 日本文学   読み終わった 

深夜のファミレスで一人、コーヒーを飲みながら、時間をつぶすのが割と好きだ。
本読んだり、アイデア練ったり。
多くの人々が寝静まった後、少ない人たちだけで引き受けた夜。小さな優越感に浸りながら、そんな貴重なひとときを味わうのだ。

この物語も深夜のファミレスから始まる。
都会の闇とファミレス店内の人工的な明るさ。
近くにありたいと思う心と対照的に、遠く離れてしまった気持ち。
心を求める登場人物たちの切実な願いが胸を打つ。

クライマックスは夜明け。
何故か、少し前にコーヒーのCMで使われていた谷川俊太郎の「朝のリレー」を思い出した。
漆黒の闇に現れる一筋の光。
とてもクリアな気持ち。
心が洗われる。

新しい一日は、誰にも平等に訪れるんだよね?

レビュー投稿日
2013年3月10日
読了日
2008年5月19日
本棚登録日
2008年9月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アフターダーク (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『アフターダーク (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする