水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

3.49
  • (129)
  • (475)
  • (603)
  • (74)
  • (11)
本棚登録 : 3433
レビュー : 323
著者 :
けんさん 日本文学   読み終わった 

普段、同じ作家を続けて読まないようにしているのだけれど、「十角館」があまりに面白かったので、シリーズ2作目を手に入れてしまった。

「十角館」と同じく、建築家の中村青司が建てた水車館で起こった連続殺人事件。そしてちょうど一年後にも再び悪夢がよみがえって…… という本作。
「十角館」を読んだときには、やられた感があったけれど、今回は惜しいところまで推理できていたと思う。
でも、当たっていたのはあくまで一部分だけ。作家は簡単には的を絞らせてくれない。

推理しながらここまで丁寧にミステリを読んだのは初めてかも……というくらいに集中した。

3作目が気になって仕方がない。

レビュー投稿日
2014年5月28日
読了日
2014年5月28日
本棚登録日
2014年5月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水車館の殺人 <新装改訂版>...』のレビューをもっとみる

『水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする