ベルリン飛行指令 (新潮文庫)

3.94
  • (67)
  • (96)
  • (61)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 538
レビュー : 72
著者 :
けんさん 日本文学   読み終わった 

熱い!
それぞれの場所で生きる男達の立場や位を越えた熱い思いに奮い立たされる。佐々木譲の抑えた筆致と、行間からにじむ熱い思いが心を打つ。

第二次世界大戦前夜。
日独伊の三国同盟が締結された直後の物語だ。
日本の新鋭戦闘機のライセンス生産をもくろむドイツ軍。
彼らの企みにより、日本から、その戦闘機「ゼロ」を空輸することになった日本海軍の鼻つまみ者のパイロット二人。
しかし、彼らこそ騎士道精神を持った空の男なのだった。

心に熱い汗をかきたい人なら誰にでもお勧めできる冒険小説だ。

レビュー投稿日
2014年10月21日
読了日
2014年10月21日
本棚登録日
2014年10月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ベルリン飛行指令 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ベルリン飛行指令 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする