警官の血 下巻

3.82
  • (80)
  • (145)
  • (131)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 651
レビュー : 111
著者 :
けんさん 日本文学   読み終わった 

苦い読後感……

下巻の後半は胸にこみあげるものがあって読み進めるのが苦しかった。三代目の和也の特命の緊張感と恋人との物語は胸が痛い。こんなに心をわしづかみにされて振り回される作品も久しぶりだ。

三代に渡る警察官の親子それぞれの物語が素晴らしい。時には汚れ役もいとわない警察官と清廉潔白な人間という二つの顔の間で揺れ動く葛藤に、一読者たる私も彼らと同じようなつらさを味わった。

物語全編を貫く謎は解き明かされたけれど、謎などなくても十分にこの作品は通用する。本当に素晴らしいミステリは謎解きの後でもまた楽しめるものだ。いつかまたこの本を手に取る日がくるだろう。

レビュー投稿日
2014年8月27日
読了日
2014年8月27日
本棚登録日
2014年8月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『警官の血 下巻』のレビューをもっとみる

『警官の血 下巻』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする