ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

4.20
  • (409)
  • (474)
  • (167)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 2641
レビュー : 233
制作 : ヘレンハルメ 美穂  山田 美明 
けんさん 海外文学   読み終わった 

前作の疾走感が衰えていない!

あれほど大きく分厚い物語の後なのに、まったく勢いが余話回らないということに驚く。
作者の底知れぬ力量がなせる技だ。

今回の物語は、ロシアマフィアが絡んだ人身売買事件をめぐるミステリだ。リスベットとミカエルがそれぞれに調査を行い、またしても運命が交錯していく。物語の骨格は前作と同じだが、今度はより深くリスベットが幼少期に、彼女が精神病院送りになった謎が提示される。

実際の事件や人物が登場する虚実ないまぜになった妙に生々しい物語がこの作品の特徴だ。
下巻が待てない。

レビュー投稿日
2018年6月1日
読了日
2018年6月1日
本棚登録日
2018年6月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハ...』のレビューをもっとみる

『ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

スティーグ・ラーソンの作品一覧

スティーグ・ラーソンの作品ランキング・新刊情報

ツイートする