びっくり館の殺人 (講談社文庫)

2.87
  • (22)
  • (71)
  • (276)
  • (142)
  • (22)
本棚登録 : 1831
レビュー : 176
著者 :
kimuraktさん 一般書   読み終わった 

緋色の囁きみたいな、叙述トリックというか、人間の内面にスポットをあてた作品で、これはこれで好きなんだけど 館シリーズである必要はないよなというのが1番の感想。

レビュー投稿日
2019年11月28日
読了日
2019年11月28日
本棚登録日
2019年11月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『びっくり館の殺人 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『びっくり館の殺人 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする