新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

3.90
  • (1273)
  • (720)
  • (1347)
  • (95)
  • (23)
本棚登録 : 9231
レビュー : 888
著者 :
木村まろうさん  未設定  読み終わった 

これだけの文章を読んでいると、40代にならないうちに亡くなってしまったのも不思議と納得してしまう。
文章が透明で純粋すぎるもの。
透明すぎて悲しいもの。
きっと現世でいきているのはつらかっただろう、と思わせてしまうくらいに。達観と希望と絶望と、一つ一つの話で、さまざまなものが垣間見えてしまう。


才能があっても健康で長生きしてる人ももちろん存在するけど、大半の人は才能や力と引き換えに、別のものをあらかじめ差し出しているように思う。それが例えば寿命であったり、人柄であったり周囲の環境であったり。
どこかで精算が行われてしまうんじゃないかなあ。

レビュー投稿日
2012年10月25日
読了日
2012年10月25日
本棚登録日
2012年10月25日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

猫丸(nyancomaru)さん (2013年3月28日)

「どこかで精算が行われてしまう」
確かに、、、
夭折した創作者の作品には、命と引き換えにしなければ表すコトが出来なかったかも知れない、凄さ重さ潔さがありますね。。。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする