陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)

3.66
  • (179)
  • (221)
  • (461)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1973
レビュー : 121
著者 :
きなこ黒蜜さん 日本の小説   読み終わった 

シリーズ3作目。前に出てきたキャラの再登場もあって良かった。新キャラ道満もクセがあっていい。
鬼の話はどれも切ないが、晴明と博雅の掛け合いや、二人の鬼に対する態度がとても良い。「鉄輪」「ものや思ふと……」「打臥の巫女」が特に好き。

レビュー投稿日
2018年10月25日
読了日
2018年10月25日
本棚登録日
2018年10月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)』にきなこ黒蜜さんがつけたタグ

ツイートする