気の長い続編だなー、と思ったら出版社も変わってますな。

後編(下巻)は年内に出るみたいだけど、あとのお話はどうなるんだろう?

アニメもまたやらないかなー。

2014年7月21日

読書状況 読み終わった [2014年7月21日]
カテゴリ コミックス(B6版)

今巻も通常運転ー。
と思いきや、微妙な動きがあるようで。

でも、いろんな所に伏線ばらまき過ぎで、何の事件が関連してるのかが正直分からない…。

かなり遡って読み直しかなぁ。

2014年7月21日

読書状況 読み終わった [2014年7月21日]
タグ

いろんな意味で、ブっ飛んだ漫画だな、と。

表紙の感じが信長とは違ったんで、本屋でなかなか見つけられなかったとは、言えない…。

2014年7月11日

読書状況 読み終わった [2014年7月11日]

案外早く"犯人"が分かって驚いた。

それにしても"陰口"のネタが重い。
そのあとの応酬はイタいし、身につまされる。

けど、先が気になるという、不思議なお話でもある。

2014年7月12日

読書状況 読み終わった [2014年7月12日]

冬の陣の後処理から、夏の陣の開戦まで。

真田といえば幸村だけど、考えてみれば徳川方にも真田がいなければ詳細は残らなかったんだよなー、と。

そういう意味では、信之・幸村兄弟の行動は理にかなっているのかも。
おまけ漫画での兄のおとぼけぶりは凄いけど。

2014年7月12日

読書状況 読み終わった [2014年7月12日]
カテゴリ コミックス(B6版)

角川版の新装版。

紙質が違う所為か、ほぼ同じ頁なのに少々厚め。
あと違うのは、表紙と口絵とあとがきと、カバー下のおまけ漫画。

あ、新装版の方には目次がないや。

そんなことは措いといて、まずは真田の大坂 冬の陣の戦いっぷりを堪能!

2014年7月12日

読書状況 読み終わった [2014年7月12日]
カテゴリ コミックス(B6版)

話の展開が分かりやすい所為か、非常に読みやすかった。

このお話は、本編からする所の後日談的なものなので、零零七式が現役、つまり千代子の曾祖父と組んでいた頃の活劇譚が読んでみたいな、と。

もしくは、千代子の後日談。

2014年7月21日

読書状況 読み終わった [2014年7月21日]
カテゴリ 小説(新書)

前巻で入れられなかったってお話が入ってて良かったー。

もう少し読みたかったけど、今巻で最終とは残念。

2014年7月5日

読書状況 読み終わった [2014年7月5日]
タグ

夜中に読むんじゃなかった…。
火サスより、昼ドラ向きな話だなー。

お話はつい読んでしまうんだけど、作が進むにつれどんどん陰惨で凄惨になってくのが気になる…。

2014年7月7日

読書状況 読み終わった [2014年7月7日]
カテゴリ コミックス(B6版)
タグ

あぁ、終わってしまった。

このカップルが成立してしまったらきっと終わりだろうなーと思ってたから、予想通りではあるんだけど。

けど、ちょっと意外な終わり方だったかな。

タイトル替えて、続き描かないかなー。

2014年7月6日

読書状況 読み終わった [2014年7月6日]
タグ

本編については、ネタバレしそうなことしか言えそうにもないんで省略。

おまけまんがの、藤本・宮部カップルの付き合い出したきっかけが、らしすぎて笑った。

2014年7月5日

読書状況 読み終わった [2014年7月5日]
タグ

お話がどんどんキナ臭くなってきたなー。

候補生がそれぞれ”何か”抱えてるとは思ってたけど、出雲のは相当なもんだ…。

だからか、深刻な本編の隙間に挟まるギャグとのギャップが…!

2014年7月4日

読書状況 読み終わった [2014年7月4日]
タグ

不思議な世界観の漫画と云うか、絵本。
色々凝った作りの"絵本セット"なんで、少々高めだったけど。

でも、白い表紙の絵本なんで、扱いに困るなー。

それと。
サンダーランド博士って、不遇の代名詞なん?

2014年6月29日

読書状況 読み終わった [2014年6月29日]
カテゴリ 画集/図録
タグ

夏目休載号。

付録にニャンコ先生のサマーコースター。
…にしても、でっかいスイカだな。

2014年6月25日

読書状況 読み終わった [2014年6月25日]
カテゴリ 漫画雑誌
タグ

飄々として、達観してるギンコでも、幼い頃はヤラかしたりしたんだなー、と。

2014年6月23日

読書状況 読み終わった [2014年6月23日]
カテゴリ コミックス(A5版)
タグ

作者ご本人もあとがきに書いてるように、卑屈でネガティブな男(神様)が主人公。

某 高校教師とどっちがよりネガティブだろうと考えてしまった。

いや、それ以前に。
春の住民票とか、生活費ってどうなってるの?!
(ツっこんだら負けか?)

2014年6月21日

読書状況 読み終わった [2014年6月21日]
カテゴリ コミックス(B6版)
タグ

最終巻。
なんか大急ぎで回収しちゃった感があるなー。

きちんと終幕になったのは良いけど、綺麗にまとめ過ぎというかなんと言うか…。

2014年6月13日

読書状況 読み終わった [2014年6月13日]
カテゴリ コミックス(B6版)
タグ

箱庭ロワイヤルが最終回。
大団円ですな。

2014年6月13日

読書状況 読み終わった [2014年6月13日]
カテゴリ 漫画雑誌
タグ

恋のダイヤの5年後のお話が掲載。
まんま「5年後の恋のダイヤ」。

あー、なんかこんなOLいそうだなー、と。

2014年6月9日

読書状況 読み終わった [2014年6月9日]
カテゴリ 漫画雑誌
タグ

シャーロック ホームズネタのモノを読むにあたって、やっぱ元ネタを知らないのは致命的かなー、と。

原作読んで、ドラマもちゃんと観たくなってきた。

2014年6月9日

読書状況 読み終わった [2014年6月9日]
カテゴリ コミックス(B6版)
タグ

あとがきで初めて知ったが、この作者さん、現代日本舞台の不思議要素無し漫画って、これが初なんだそう。

けど言われてみれば、読んだ時の微妙な違和感の正体はこういうことだったのか!

4人の別の主人公が、それぞれの話に微妙に絡むオムニバス形式、面白かった!

2014年6月9日

読書状況 読み終わった [2014年6月9日]
タグ

ぬら孫に継ぐ新連載漫画。
今度は西洋の妖怪(幻獣)で行くのね。

ど天然のアクセルがどんな活躍をしてくのか、楽しみだ。

ちなみに。
フクメンの素顔は、お話が進めば明らかになったりするかな?

2014年6月9日

読書状況 読み終わった [2014年6月9日]
タグ

付録の「前日譚第四次寄居子防衛戦」で、落合と艦長らの確執が明らかに。
しかし100年前の艦長の服が、結構…。

読書状況 いつか観る
カテゴリ Blu-ray

タイトルから新撰組オンリーかと思ってたけど、時代物詰め合せでした。

義経のお話は、ちょっとネタ的にビックリしました(笑)
馬のお話は、動物好きの烏堂さんらしいなー、と。
以蔵のお話に出てくる龍馬が、見た目ちょっと幼い感じだったなぁ。

短編で単発じゃなく、新撰組を通しで描いて欲しいなー。

2014年5月27日

読書状況 読み終わった [2014年5月27日]
カテゴリ コミックス(B6版)
ツイートする