毒殺される悪役令嬢ですが、いつの間にか溺愛ルートに入っていたようで (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2022年2月1日発売)
3.50
  • (0)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 3
4

侯爵令嬢オリヴィアは王太子の婚約者だったが、毒殺されたはずがデミウル神の加護(憐れみ)で13歳に逆行。

ハードな生い立ちの割にコミカルなストーリー。
オリヴィアに毒スキルとか、食い意地のはった神獣とか、業火担同担拒否な婚約者とか、楽しいです~。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ライトノベル
感想投稿日 : 2022年5月19日
読了日 : 2022年5月19日
本棚登録日 : 2022年5月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする