めぐる愛はロンド (ライムブックス)

4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
kinakoiさん ヒストリカル   読み終わった 

『危険な香りの男達』シリーズラスト。ウォルヴァートン侯爵ジェレミー・アデア(デア)・ノースが諜報員として正体不明のスパイ・キャリバン卿と対決する。
ヒロインはフランス亡命貴族だったが、女優をしているジュリアン・ローレン。二人は7年前に付き合っていたが…。
デアが思っていより不甲斐ない男でイマイチでした。

レビュー投稿日
2014年9月17日
読了日
2014年9月17日
本棚登録日
2014年9月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『めぐる愛はロンド (ライムブックス)』のレビューをもっとみる

『めぐる愛はロンド (ライムブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする