覆面作家の愛の歌 (角川文庫)

3.46
  • (77)
  • (140)
  • (317)
  • (30)
  • (3)
本棚登録 : 1174
レビュー : 95
著者 :
制作 : 高野 文子 
はらぺこさん 小説   読み終わった 

自分は英語で『虐殺』は『ジェノサイド』やと思ってたので『マッサーカー』と知り勉強になった。実際に調べるまでは、小ネタかマッカーサーの事かなと思った。3話目のトリックはややこしいなぁ。ややこしいっていうか単純作業やけど説明読むのメンドイなぁ。トリックは苦手や。 解説を読んで1話目に戻った。作者自身の解説やないから真偽は分からんけど北村さんの気持ちを知れた気がする。いつもはメンドイし他人が勝手な思い入れを書いてる気がして読まなかった解説。今後は解説も読んでみたい。

レビュー投稿日
2013年9月7日
読了日
2010年12月4日
本棚登録日
2013年9月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『覆面作家の愛の歌 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『覆面作家の愛の歌 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする