倫敦(ロンドン)暗殺塔 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.65
  • (3)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 2

明治十八年のロンドンが舞台のミステリー。1つ気になる事があるけどオモロかった。ロンドンの場面に比べると伊藤博文などが出てくる明治政府の場面は謎がバレないようにしてるからか読むのが邪魔臭かった。 実在の人物が登場するミステリーは読んでて楽しいです。続編は無いんかなぁ?シリーズ化されてるなら読みたいです。 

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2013年12月11日
読了日 : 2012年3月13日
本棚登録日 : 2013年12月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする