一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

  • 早川書房 (2009年7月18日発売)
4.03
  • (111)
  • (126)
  • (66)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 1710
感想 : 146
5

第一部の監視による窮屈さ、第二部の恋による解放、第三部のキャラクターの心境の変わり方がとてもよく表現されています。
またオーストリアのスローガン:”戦争は平和なり”、”自由は隷従なり”、”無知は力なり”の三つの矛盾を解き、その意味の説明がとても興味深く、面白いです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年3月26日
読了日 : 2021年3月26日
本棚登録日 : 2021年3月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする