夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

著者 :
  • 小学館 (2016年6月1日発売)
3.75
  • (157)
  • (257)
  • (199)
  • (38)
  • (16)
本棚登録 : 2594
感想 : 333
3

まず何と言ってもタイトルが秀逸。誰しも「明日という日が来なけりゃいいのに。はたして今夜を乗り越えることができるのか…」という辛い思いに苛まれることがある。そんな夜を救ってくれたのが、又吉くんの場合は本であり、太宰治であった。

上京して安定した仕事が入るまで、ただただ本を読み続ける日々。彼にとっての読書は、芸人として売れるのか、その不安と焦りと対峙する時間であった。本を読めば「覚悟」が湧いてくる。大好きな太宰も売れたのは晩年ではないか。自分の生きる道にそんなに悩まなくてもいいのでは…という立ち向かう勇気を与えてくれたと吐露する。文学に出会い、助けられ、いかに様々な夜を乗り越えてきたかを笑いも散りばめ、時にはシニカルに本と小説について真摯に熱く語る。

書を捨てスマホ片手に街に出る昨今、内省への旅路に最適なツールは読書。高校・大学時代によく読んだ近代文学(かつては文学然とした作品しか文庫本化されなかった)を再読してみなきゃと思わせてくれた好著。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2016年8月23日
読了日 : 2016年8月23日
本棚登録日 : 2016年8月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする