ANY WHERE OUT OF THE WORLD

3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
kira7777さん    読み終わった 

「どこでもいゝわ! 此の世の外なら!(N'importe où! n'importe où! pourvu que ce soit hors de ce monde!)」は有名で、日本でも多くの詩人が引用している。大正時代の詩人・翻訳家・画家の富永太郎はフランス詩を日本に広めた功労者だが、ボードレールよりもランボーに傾倒した人物だった。

ちなみに昭和の詩人・三好達治は最後の詩句を「どこでもいい、どこでもいい……、ただ、この世界の外であるならば!」と翻訳している。個人的にはこちらの訳の方が好きだ。

レビュー投稿日
2013年4月7日
読了日
-
本棚登録日
2013年4月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ANY WHERE OUT OF THE...』のレビューをもっとみる

『ANY WHERE OUT OF THE WORLD』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ANY WHERE OUT OF THE WORLD』にkira7777さんがつけたタグ

ツイートする