ホテルメドゥーサ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年12月24日発売)
3.19
  • (3)
  • (12)
  • (23)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 332
感想 : 19
4

 舞台は、フィンランドの森にある素朴なホテル。そこには、「異次元へ通じるドア」があり、ここで出会った4人の日本人がドアを巡って様々な葛藤し、それぞれが結論をだし、前へ進んでいく物語です。帯に「もたいまさこさん、しみじみ共感」とあったので、思わず手に取り、一気読みしました。

 題名が単行本では「くらげホテル」でしたが、文庫本では「ホテルメドゥーサ」になったそうです。物語の中でも、「くらげ」に関するものがちょこちょこでてきます。「異次元の通じるドア」の先にある世界に何か関係があるのかもしれません。SF的な要素は少ないですが、子供の頃読んでいた「スーパーミステリーマガジン ムー」にでてきた「クラゲ型の宇宙人」を思い出し、懐かしく感じました。

 読み終わって、もたいさんがしみじみ共感したのが何か?よくわかりませんでした。しかし、解説を読んでみると、この物語は4人の言葉や行動を一切否定することなく、全てを肯定していく展開であるとあり、他にも「自分探し」、「後戻り」など気づかなかった機微があることがわかりました。それをふまえて改めて読み返すと、ほっこりした気分になりました。

 フィンランドに関する部分は、「トゥルク」が少しでてくる位で殆どありません。けれども、人里離れた静かなフィンランドの森の中なら、「異次元へ通じるドア」があってもおもしろいかなと思わせてくれます。読むと、少しだけ肩の力が抜ける気がする、素敵な1冊です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: フィンランド
感想投稿日 : 2022年7月9日
読了日 : 2022年7月9日
本棚登録日 : 2022年1月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする