銀河鉄道の夜

4.44
  • (148)
  • (60)
  • (32)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1098
レビュー : 92
きりんさん  未設定  読み終わった 

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の絵本。絵本といっても本文に関しては原作そのままで、それに加え枚ページごとに挿絵が挿入されているためボリュームのある一冊となっています。

特筆すべきはその挿絵の美しさ。糸や布、ビーズなどを切り貼りし、星、宝石、孔雀、人間などを作り上げる…こんな表現手法があるんだなあと目から鱗。作品の静かな雰囲気と煌びやかなビーズの色が合間り、幻想的な雰囲気。ページを捲るのが楽しかったです。p17時計屋とp64燐光の川の岸が特に好き。

挿絵を担当された清川あさみさんは広告、CM、衣装、空間デザインなどで有名な方で、本書のコンセプトは彼女の感性あってのもの。書店で見かけた際はお手にとって表紙だけでも眺める価値があるかと思います。

レビュー投稿日
2012年10月19日
読了日
2012年10月18日
本棚登録日
2012年10月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『銀河鉄道の夜』のレビューをもっとみる

『銀河鉄道の夜』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする