或る少女の死まで 他二篇 (岩波文庫 緑 66-1)

著者 :
  • 岩波書店 (2003年11月14日発売)
3.66
  • (34)
  • (52)
  • (77)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 563
感想 : 49
5

幼少の頃の思い出は、美化するには容易であり葛藤を描くには複雑すぎる。
その中間で自身の幼少期を私小説化したのが本書にある三作である。
他者の経験にもかかわらず、どこか懐かしい感覚を否定できない。
いまだ自身にとっての世界の真理を知らず、これから自身を確立しようとするとば口に立つ者の瑞々しい感覚が懐かしいのだろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年9月16日
読了日 : 2019年9月14日
本棚登録日 : 2019年9月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする