九十九十九 (講談社文庫)

3.23
  • (50)
  • (76)
  • (162)
  • (57)
  • (17)
本棚登録 : 858
レビュー : 108
著者 :
kivuneさん  未設定  読み終わった 

九十九十九はその名前を理由に3人いる。最後にラスト6話の九十九十九と前章7話の九十九十九が戦って、更には1話から通して世界を経験している九十九十九とも戦う。戦いを通じて、ラスト6話の九十九十九は次の新7話に移行することを拒む。だけどなんだかんだ6話にいちゃいけないと6話のお嫁さんに説得されて新7話にいくことを決意する。まだアポカリプスの見立ては終わってない。
家族愛の存在を信じ、その在りかを求める九十九十九永遠の旅。
登場人物はオリジナルでなくJDCものなので、この後のディスコ探偵水曜日のための習作なのかなと思う。

レビュー投稿日
2017年3月20日
読了日
2017年3月20日
本棚登録日
2017年3月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする