マレー鉄道の謎 (講談社文庫)

3.52
  • (124)
  • (193)
  • (445)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 1887
レビュー : 181
著者 :
kiyosiさん 有栖川有栖   読み終わった 

火村英生シリーズ

大学時代の友人・大龍の誘いでマレーシアのキャメロン・アイランドを訪れた火村とアリスのコンビ。鉄道事故で死んだ日置静郎。日置の共同経営者・百瀬虎雄の妻の受けた電話。取り次いだ秘書の大井。バーでタイ人女性シャリファを口説いた津久井航。津久井と争うシャリファの兄ワンフー。百瀬家のトレーラーハウスで殺害されたワンフー。密室の現場の謎。発見された津久井の遺体。ワンフーの遺書に隠された秘密。勝手に捜査を始めた火村たちの同宿の作家・アラン。アランの推理とアランの殺害。


 2005年5月24日購入

 2005年5月28日読了

 2011年1月24日再読

レビュー投稿日
2009年11月17日
読了日
2008年8月10日
本棚登録日
2008年8月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マレー鉄道の謎 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『マレー鉄道の謎 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする