新訳 ふしぎの国のアリス (角川つばさ文庫)

3.93
  • (24)
  • (20)
  • (20)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 266
レビュー : 36
制作 : 河合 祥一郎  okama 
kj8ranger8uppersさん  未設定  読み終わった 

言葉遊びの部分で、韻を踏んでいたのが読んでいて楽しくなった。また、それぞれのキャラクターが個性的で、特に動物たちはかわいらしかった。
話の内容は、あまりよくわからなかったが、最後にアリスの夢だと分かってすっきりした。
アリスはとても想像力が豊富な女の子で、自分も夢を見るときぐらいはアリスのように変わった夢をみられるといいなと思う。
また、あとがきを読んでは本当にいた女の子をモデルにした本だと知り、驚いた。「かがみの国のアリス」という続きの本もあるそうなので、機会があれば読んでみたいと思う。

レビュー投稿日
2015年9月6日
読了日
2015年8月6日
本棚登録日
2015年9月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新訳 ふしぎの国のアリス (角川つばさ文...』のレビューをもっとみる

『新訳 ふしぎの国のアリス (角川つばさ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする