僻見

0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
著者 :
kkitmurさん  未設定  読み終わった 

斎藤茂吉、岩見重太郎、木村巽斎(木村蒹葭堂の名で知られる)の三者について、僻見の名のとおり、個人的に好悪について語るという連載

始まりの広告での繰り返しの手法は音に楽しい文章で、詩的な感覚がして面白く感じた。

どれも興味深い話だったがそのなかでも印象に残ったのは、
岩見重太郎などの英雄は人間や神の法をやぶるという話だった
人は、様々な法によって拘束されながら生きている
英雄とはそのなかだからこそ産み出されるものなのかもしれない

そういえば本文中にでてくる件のコレクションは、木村氏の死後、幕府が接収したらしい
現在その一部は国会図書館にあるそう

案外件の灰塵にきした、大学図書館のなかに
クレオパトラの髪の毛はもまたあったかもしれない

レビュー投稿日
2012年12月10日
読了日
2012年12月10日
本棚登録日
2012年12月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僻見』のレビューをもっとみる

『僻見』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする