エトルリヤの壷―他五編 (岩波文庫 赤 534-1)

3.69
  • (5)
  • (8)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 7
mieuxさん  未設定  読み終わった 

宮本輝「本をつんだ小舟」での紹介で興味を持って手に取る。生と死の紙一重のあっけなさ、人生の一瞬の暗転が切り取られるように、シニカルに描かれていた。「マテオ・ファルコネ」は宮本輝氏の本で結末はわかっていたが、この父親の判断をどう理解したものだろう。まだ大人の甘言に惑わされる子供ではないか。それともこの地域・時代では子供でも許されない判断だったのか。他のどの作品も印象的。絶版なようだが名作として世に問い続けて欲しい一冊。

レビュー投稿日
2017年7月17日
読了日
2017年7月17日
本棚登録日
2017年7月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『エトルリヤの壷―他五編 (岩波文庫 赤 ...』のレビューをもっとみる

『エトルリヤの壷―他五編 (岩波文庫 赤 534-1)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする