蜃気楼

著者 :
  • 青空文庫 (1999年1月24日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1

堀江敏幸『傍らにいた人』より。何ということのない風景を描いているようにも読めるけど、芥川晩年の作品であると思って読んでしまうからか、どこか影を感じる。海岸を舞台にしているところは『微笑』の(何十年後かの)後日譚のようでもあるが、あのどこかほほえましいような、明るい雰囲気とは対照的。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 青空文庫
感想投稿日 : 2021年6月12日
読了日 : 2021年6月9日
本棚登録日 : 2021年6月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする