発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年 (単行本)

4.48
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 13
著者 :
konchanさん  未設定  読み終わった 

ものすごく具体的なので、いろいろな場面が目に浮かぶよう。
ただし、1つの事例であって、汎用的な話ではないことは留意する必要がある。


出生前検査で異常の可能性があることがわかって泣いている母親を叱責する医師のこの一言、かなりきます。
『何をそんなに泣いているんですか!障害児だったら要らないから、この検査を受けるんでしょ?どんな子どもでも生む覚悟ならこの検査は受けないでしょ?泣いたって仕方がないことだ。』
もちろん、正解は何もないのですが、いずれにしろ覚悟は問われるのには違いないですね。

レビュー投稿日
2018年12月12日
読了日
2018年12月12日
本棚登録日
2018年12月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年...』のレビューをもっとみる

『発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年 (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする