妖怪ハンター 水の巻 (集英社文庫(コミック版))

3.89
  • (32)
  • (37)
  • (41)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 320
レビュー : 17
著者 :
knkt09222さん 漫画   読み終わった 

「産女の来る夜」
マジモンのウブメは「AKIRA」だった。

「淵の女」
自分と同じ顔の河童、というミステリーもあり。
泉鏡花「高野聖」も連想。

「うつぼの舟の女」
以下5編では憑依体質の少女渚と彼女を助ける少年大島が動き回る。
本作では稗田は解説役に。4作では登場すらしない。
スナックのマスターが借金取りからの隠れ蓑として、妻の実家である神社で神主をしているという設定が目新しいが、
その妻が実は……というのも面白い。
海の向こうの異形といえばクトゥルフだが、実にスムーズに日本の土着信仰とも接続される。

「海より来るもの」
諸星先生の手にかかれば乙姫もこれだよ。

「鏡島」
ドザエモンはエビスになるか海モッコになるか。
鏡というモチーフを導入するだけで端正な作風に。

「六福神」
邪悪な七福神!
扉絵のあまりの邪悪さに笑ってしまった。
テレビゲームをやめられないホテイとか。
諸星先生のお茶目。
本来7が6となればあと1は……。

「帰還」
補陀落渡海を成し遂げられなかった者ら。

レビュー投稿日
2018年3月28日
読了日
2018年3月28日
本棚登録日
2018年3月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『妖怪ハンター 水の巻 (集英社文庫(コミ...』のレビューをもっとみる

『妖怪ハンター 水の巻 (集英社文庫(コミック版))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『妖怪ハンター 水の巻 (集英社文庫(コミック版))』にknkt09222さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする